小田原酒匂川花火大会

「城下町の夜が熱く燃える」

毎年8月15日に、町はずれの堂前山に築かれた108基の塚に灯をともす猪俣の百八燈。国の重要無形民俗文化財に指定されているこの行事は、武蔵七党の一つ、猪俣党の武将・猪俣小平六の霊を慰めたのが起こりと伝えられている。それぞれの塚に灯がともされた後、約7000発もの花火が打上げられる。荘厳で幻想的な雰囲気を味わえる貴重な花火大会だ。108基の塚が立ち並ぶ堂前山の風景に、花火が舞っているように感じられる。

名称小田原酒匂川花火大会
住所埼玉県児玉郡美里町猪俣地内 堂前山 / 埼玉県
開催期間8月15日頃(19:30~21:00頃(予定))
打ち上げ数約7000発
期間中の人出4万人
会場トイレ数3ヶ所
交通規制あり(18:00~21:00、会場周辺)
荒天時の対応翌日に順延
アクセスJR八高線用土駅から徒歩20分
問い合わせ先美里町観光協会(美里町農林商工課内)(0495-76-1111)
URL
ページのTOPへ戻る