八丈島納涼花火大会

「八丈島の夏を彩る花火大会」

東京から南南東約1000km、太平洋上に浮ぶ30あまりの島からなる小笠原諸島。父島はそのなかでも面積が一番大きな島だ。満天の星空の下、毎年の恒例行事として行われる「サマーフェスティバル」は、島民だけでなく、観光客からも親しまれている。青灯台から打上げられる花火を大村海岸の浜辺で眺めるのがおすすめ。真上に見えるので、寝ころんで鑑賞するのもいい。赤、青、黄色と鮮やかに夜空を染め、華麗な大輪の花を目の前で咲かせ、まさに迫力満点。リゾート地ならではの雰囲気でゆったりと楽しめる。

名称八丈島納涼花火大会
住所東京都小笠原村東町 青灯台付近 / 東京都
開催期間8月10日頃(20:30~21:00)
打ち上げ数350発
期間中の人出1500人
会場トイレ数3ヶ所
交通規制なし
荒天時の対応順延日は開催当日の状況により決定
アクセス竹芝桟橋から小笠原海運で25時間30分、二見港下船、徒歩5分
問い合わせ先小笠原イベント協議会(小笠原観光協会内)(04998-2-2587)
URL
ページのTOPへ戻る