苫小牧港まつり協賛道新納涼花火大会

「港に打ち上がる華麗なスターマインと大輪の華」

ビッグイベント「北海ソーラン祭り」。余市は、かつてニシン漁で活気に沸いた町。北の海での厳しい労働と、豊漁の喜びとを力強く表現している「正調ソーラン節」の発祥の地でもある。祭りは、漁船団をイメージした北海ソーラン太鼓の演奏とソーラン踊りで始まり、山車パレード、物産展、音楽パレードなどで大いに盛り上がる。2日にわたる祭りの締めくくりは、やはり花火だ。仕掛花火や、打上げ花火の乱れ打など、夜空に次々と開く大輪の花火は、かつてのニシン漁のにぎわいを想像させる。

名称苫小牧港まつり協賛道新納涼花火大会
住所北海道余市郡余市町 余市港内 / 北海道
開催期間8月3日頃(20:00~21:00)
打ち上げ数4000発
期間中の人出1万人
会場トイレ数1ヶ所
交通規制なし
荒天時の対応順延(順延日は未定)
アクセスJR函館本線余市駅から北海道中央バス古平・美国方面行きで10分、富沢町8丁目下車、徒歩5分
問い合わせ先余市町商工観光課(0135-21-2125)
URL
ページのTOPへ戻る