山中湖報湖祭

「山中湖畔4ヶ所から打上げられる花火を楽しむ」

浅原神社秋季例大祭の花火大会。江戸時代からの歴史があり、1891(明治24)年に3尺玉を4発を打上げたところから「三尺玉発祥の地」ともいわれている。見どころは、何といっても世界一を誇る四尺玉。開いた時の大きさは、直径800mの大輪になる。さすがギネスブックに載ったこともある花火、その醍醐味が十分に実感できる。10日14:00には、スケールでは引けを取らない三尺玉が4発打上げられる。明るい空に打上げられる花火は、ハッキリと色がついたスモークが特色。夜の花火とはまた違った趣きを見せてくれる。

名称山中湖報湖祭
住所新潟県小千谷市片貝町三之町 浅原神社裏山 / 新潟県
開催期間9月9日~9月10日頃(19:30~22:20)
打ち上げ数1万5000発(2日間で)
期間中の人出20万人
会場トイレ数4ヶ所
交通規制あり(詳細は要問合せ)
荒天時の対応雨天決行、強風時は順延(詳細は要問合わせ)
アクセスJR上越新幹線長岡駅から越後交通バス片貝回り小千谷行きで30分、片貝支所下車、徒歩10分
問い合わせ先片貝町煙火協会(0258-84-3900)
URLhttp://www.city.ojiya.niigata.jp/
ページのTOPへ戻る