なにわ淀川花火大会

「今年のテーマは「固き絆で20年 ありがとう OSAKA」」

戦後まもない1947(昭和22)年の8月14日、戦没者の慰霊と、町の人々の心の慰めにと20発を打上げたのがこの花火大会の始まり。以後一度もとぎれることなく続いている。花火の前には大堰川に約1000基の灯ろうが流され、あたりは幻想的な雰囲気に包まれる。スターマイン、早打ち、芸術花火などが続き、特大スターマインでクライマックスを迎える。灯ろうと花火の調和は見事だ。近隣市町はもちろん、京阪神からも多くの観光客が集まり、一年で最高の盛り上がりとなる。

名称なにわ淀川花火大会
住所京都府南丹市八木町 大堰川畔 / 京都府
開催期間8月14日頃(20:00~21:00)
打ち上げ数
期間中の人出8万人
会場トイレ数20ヶ所
交通規制あり(15:00~24:00、会場周辺。マイカーでの来場不可)
荒天時の対応順延
アクセスJR山陰本線(嵯峨野線)八木駅から徒歩5分
問い合わせ先南丹市商工会(0771-42-5380)
URLhttp://nantan.kyoto-fsci.or.jp/
ページのTOPへ戻る