小笠原・父島サマーフェスティバル

「満天の星空に打上げられる花火が間近に見える」

神奈川県下で一番早く開催される夏の花火大会。祭りはペリー来航を記念して行われるもので、今年は1853(嘉永6)年にペリー提督が久里浜に上陸してから155年目だ。久里浜の街は朝からペリー上陸記念式典、日米親善パレードなど多彩なイベントが実施され、ペリー一色となる。夜には、総数3500発の花火が複数ヶ所から打上げられる。スターマイン、ワイドスターマインなどが連発されるゴージャスな内容の大会だ。海面に映る花火はなんともロマンチック。花火大会当日はゴミの持ち帰りにご協力しよう。

名称小笠原・父島サマーフェスティバル
住所神奈川県横須賀市 久里浜港 / 神奈川県
開催期間7月12日頃(19:20~20:10)
打ち上げ数3500発
期間中の人出8万人
会場トイレ数31ヶ所
交通規制あり(会場周辺。マイカーでの来場不可)
荒天時の対応翌日に順延
アクセス京急久里浜線久里浜駅から徒歩15分
問い合わせ先久里浜観光協会事務局(046-834-1111)
URL
ページのTOPへ戻る