笛吹川県下納涼花火大会

「山梨に夏の到来を告げる伝統の納涼フェスティバル」

クロマツ、アカマツの老木がみごとな枝振りを見せる名勝「気比の松原」。三保の松原・虹の松原と並ぶ日本三大松原の一つで、奈良時代、一夜にしてできたという伝説があり「一夜の松原」とも呼ばれている。その美しい海岸線は、1928(昭和3)年に国の名勝に指定。若狭湾国定公園、越前加賀海岸国定公園に含まれている。この地の恒例行事が1950(昭和25)年に始まった「とうろう流しと大花火大会」。僧侶の読経のなか、赤・青・黄の3色の灯ろう約6000個が松原海岸に流され、水上花火やスターマインなどの花火が、夜空に煌めく。

名称笛吹川県下納涼花火大会
住所福井県敦賀市 市営松原海水浴場、松島町気比の松原 / 福井県
開催期間8月16日頃(19:30~20:30(とうろう流しは18:30~))
打ち上げ数1万3000発
期間中の人出20万5000人
会場トイレ数3ヶ所(ほかに仮設あり)
交通規制あり(詳細は要問合せ。公共交通機関の利用が望ましい)
荒天時の対応翌日に順延
アクセスJR北陸本線敦賀駅から無料シャトルバス川崎岸壁行きで10分、終点下車、徒歩15分
問い合わせ先敦賀観光案内所(土日祝)(0770-21-8686)
URLhttp://www.turuga.org/
ページのTOPへ戻る