宮津燈籠流し花火大会

「海と空にきらめく、それぞれの光が宮津の夜を彩る」

大津三大祭の1つである「船幸祭」を彩り盛り上げる奉納花火大会。通常の花火に加え、動物や花を模った形物花火が夜空を飾る。船幸祭は「近江一の宮」である建部大社の例祭で、8月1日のさかき立てに始まり、17日の渡御においては、みこしが御座船で瀬田川を下る壮観さで知られる壮大な祭りだ。船上渡御の日、みこしを乗せた御座船が、約20隻の船を従えて瀬田川を行くと、船の提灯や岸のかがり火が幻想的な雰囲気をかもし出す。幻想的な雰囲気の中を船が帰ってくると、それにタイミングを合わせて1200発の打上げ花火が夜空を彩り、祭りのクライマックスを盛り上げる。

名称宮津燈籠流し花火大会
住所滋賀県大津市瀬田川畔瀬田唐橋付近 / 滋賀県
開催期間8月17日頃(19:50~21:00)
打ち上げ数1200発
期間中の人出4万8000人
会場トイレ数1ヶ所
交通規制あり(詳細は要問合せ。マイカーでの来場不可)
荒天時の対応小雨決行、荒天時は中止
アクセス京阪石山坂本線唐橋前駅から徒歩5分
問い合わせ先瀬田川流域観光協会(077-537-1105)
URL
ページのTOPへ戻る