淡路島まつり花火大会

「次から次へ繰り出される大輪の花を楽しむ」

但馬地方の三大祭の一つに数えられる「川下祭」(かわすそまつり)。江戸時代からの歴史があり、珍しい「麒麟獅子舞」が奉納されることでも有名だ。花火大会は港の防波堤から打上げられる。なかでも「水中スターマイン」は、花火が海に映るのをうまく利用した傑作花火だ。水面で開くため実際に開く花火は半分だが、海面に残り半分が映り、まるで大輪の花が咲いたように見える。また、色が変化する「虹色花火」も見逃せない。幻想的な花火の美しさと、腹の底に響く音。心地よい潮風を感じながら、夏の夜のひとときを堪能したい。

名称淡路島まつり花火大会
住所兵庫県美方郡新温泉町浜坂県民サンビーチ / 兵庫県
開催期間7月20日頃(20:00~21:00)
打ち上げ数4000発
期間中の人出3万人
会場トイレ数3ヶ所
交通規制あり(18:00~22:00、県民サンビーチで車両通行止)
荒天時の対応翌日に順延
アクセスJR山陰本線浜坂駅から徒歩15分
問い合わせ先浜坂町商工会(0796-82-1152)
URL
ページのTOPへ戻る