内海中日花火大会

「美しい砂浜と豪華水中スターマイン」

手筒花火発祥の地、豊橋市で開かれる炎のイベント。五穀豊穣、無病息災、家運隆盛、武運長久を祈って受け継がれてきた伝統の手筒花火が間近に見られる。人が抱えた竹筒から20mの火柱が噴き上がり、火の粉が降り注ぐ中、打上げ続ける。28本もの手筒花火から一斉に火柱を上げるのはここだけだ。ほかにも14神社の氏子の方々による三河花火の競演や大筒花火、スターマイン、仕掛花火などが初秋の夜空を鮮やかに彩り、東三河の伝統芸能・和太鼓演奏も行なわれる。

名称内海中日花火大会
住所愛知県豊橋市今橋町4 豊橋公園内豊橋球場及び周辺一帯 / 愛知県
開催期間9月13日頃(18:00~20:30)
打ち上げ数手筒花火250本
期間中の人出6万人
会場トイレ数約6ヶ所(常設、仮設)
交通規制あり(豊橋公園内へ車両進入禁止)
荒天時の対応翌日に順延(順延日も荒天の場合は中止)
アクセス豊橋鉄道東田本線豊橋公園前駅から徒歩3分
問い合わせ先炎の祭典実行委員会事務局(0532-53-7211)
URLhttp://www.toyohashi-cci.or.jp/kanko/honoo/
ページのTOPへ戻る