聖高原納涼煙火大会

「高原の湖畔に花開く水中スターマイン」

歴史と伝統を持つ長岡まつり大花火大会は、信濃川河川敷で2日間にわたり行なわれる。合計2万発というスケールの大きさを誇る花火大会であり、打上げられる花火の種類も豊富。見どころは、直径650mもの大輪となる「正三尺玉」、全長650mのナイアガラ、色とりどりのスターマインを同時に打上げる「ワイドスターマイン」。また、超ワイド型スターマイン「フェニックス」も予定している。正三尺玉を間近で見るには長生橋上流、フェニックス花火は大手大橋下流、家族でゆっくり観覧するには、左岸(長岡IC側)がおすすめ。

名称聖高原納涼煙火大会
住所新潟県長岡市 信濃川河川敷 長生橋下流 / 新潟県
開催期間8月2日~8月3日頃(19:25~21:20頃)
打ち上げ数2万発(2日間で)
期間中の人出79万人(2日間で)
会場トイレ数約30ヶ所
交通規制あり(17:30~22:30・会場周辺、14:00~23:00・シャトルバス運行路進入禁止)
荒天時の対応小雨決行、荒天時は順延(日程は要問合せ)
アクセスJR上越新幹線長岡駅から徒歩20分
問い合わせ先長岡まつり協議会(0258-39-2221)
URLhttp://nagaokamatsuri.com/index2.html
ページのTOPへ戻る